ボンボとカホンの皇帝!ミニーノ・ガライ
2006-07-26 Wed 23:28


【Minino Garay y los tambores del sur 】(2003)

10年くらい前だったか、DIAMANTESのコンサート。
6人くらいで男性メンバー揃ってのカホン演奏。
大変な興奮だった。
脳から背中にかけて電流が「ビビッ」て走ったね。

最近ではアルゼンチンのソレダー
デビュー10周年記念ライブDVD『OBRAS』。
全員ガウチョ姿の集団「シマロン」によるボンボとタップをバックにしたがえ、シルビオ・ロペスが小粋でかっこいいボンボのソロ・プレイ。
めちゃクール
まるで大江戸助六太鼓秩父屋台囃子かというカッコ良さ。※1

ネオ・フォルクローレの魅力の一つは、多彩なリズムでもあるわけだが、そのリズムを効果的に見せようとする、こうした打撃系(?)アレンジが全く見られなかったのも事実。
ペルーあたりから、カホンを中心としたカッコイイ「打撃系グループ」が出てくれないかなー、なんて期待する毎日だったのである。

そんな中、ついに登場した。
アルゼンチン※2ミニーノ・ガライだ。

今、凄いことになっているアルゼンチンの音楽シーン。いわゆる「アルゼンチン音響派」からフォルクローレ界に至るまで、次々と新しい動きが起こっている。
その中から登場したワクワクするようなこのサウンド。
ベースはフォルクローレ。
ルーツミュージック。
しかし、1曲目の歌詞にも見られるように、汎アメリカ的なアプローチによるルーツミュージックといっていい。
もちろん、汎アメリカ的なフォルクローレ・サウンドをつくろうという動きは昔からあった。
例えば、チリのキラパジュンやインティ・イジマニ。
彼らのサウンドが、ボリビア山岳地方のフォルクローレ、ペルーのブラックミュージック、中米・カリブにいたるまで網羅していたのはご存じの通り。
しかし、かつてのそういうアプローチが、70年代の人民連合的な政治志向や精神を汲んでいたのに対し、ミニーノ・ガライは純粋にサウンド自体を楽しんでいるように見える。

ミニーノ・ガライ率いるバンドの名前 (los tambores del sur =「南の太鼓たち」)を見るまでもなく、今回のサウンドづくりはリズムを重視した作りになっているのだ。
カホンボンボを中心に、自国のチャカレーラやガトはもちろん、カリブのリズムやカルナバルやバルスっぽいリズムなど、盛りだくさん。
ジャズやタンゴの要素も加え、シビレるようなジャムセッションまである。

しかし、大事なのは、それらの多様な要素が「マネ」ではなく、「ミニーノ・ガライのサウンド」になっちゃっている点だ。

根無し草でなく、ルーツをきちんと抱え、かといって偏狭なナショナリズムに陥らず、かといってモノマネになるのでもなく、自分で咀嚼した彼だけのオリジナルな音楽。
まるで日本のカレーライス(笑)。※3

こういう音楽をつくれたら幸せだよなあ。※4


●CARIBE


●CHACARERA DEL VIOLIN
【注】
※1
和太鼓はCDではなく、絶対生を聴こう。耳なんて器官に頼らず、「体全体で音を聴く」快感に目覚めること請け合い。そのためには出来るだけ近くで聴くこと!
※2
フランス在住。グラミー・シンガー、ディー・ディー・ブリッジウォーターのパーカッショニストとして何度か来日している。
※3
「日本のカレーライス」については、森枝卓士『カレーライスと日本人』講談社現代新書(1989)、小菅桂子『カレーライスの誕生』講談社選書メチエ(2002)をお薦めしたい。
※4
2ndアルバム"kilombo" は、特に幸せでもないなあ。


【アルバム・データ】
<CD>
"Minino Garay y los tambores del sur" (2003)
Los an~os Luz discos LAL022(ARGENTINA)
01 CARIBE
02 ONOMATOPE
03 SOMBRAS
04 CHACARERA DEL VIOLIN
05 LA CELOSA DE TU VIEJA
06 TEMA DE MAELA
07 SPEAKING TANGO
08 ELISA
09 20AN~OS DE PASION
10 MITOS
11 GATO DE COSQUIN
12 VENGA
13 LOUANGES DU SUD
●アルゼンチン盤の他に、アメリカ盤なども出ているようだし、もちろん入手可能だ。外資系大手輸入店などに入ることがあるので、十分気を付けていよう。


別窓 | MININO GARAY | コメント:5 | トラックバック:0 |
| これを聴け! |