塩を入れたら甘くなった! …ノーバリマ
2010-05-08 Sat 13:45

【NOVALIMA / COBA COBA 】(2009)

初めて聴いたときは驚いた。

ひとことで言えば、ムシカ・アフロ・ペルアーナ・エレクトロニカ?
例えばスペインのOjos de BrujosやらアルゼンチンのGotan Projectなどの活動を考えると、もちろんペルーでもこうした動きがあってもおかしくないのだが、「ペルーじゃ無理でしょ」みたいな頭がどこかにあったのだ。

よく考えたら、ペルーには "アクンドゥン" で有名なMiki Gonzalezなんてアーティストもいる。かなり前からそういう動きがあったわけだ。

ここに紹介するのは、ノーバリマ Novalima の3rd "Coba coba"※1


"Coba Guarango"

そもそもペルーのムシカ・クリオージャは80年代には失速し、先鋭的な輝きは失われていた。
何より、ペルー国内で新しいアレンジやスタイルに挑戦し続けていたのが、40年ほどのキャリアを持つ大ベテラン、エバ・アイジョンであって、若手の動きが見えてこないあたりが何とも気になってはいたのである。

ところが、ついにこんなムシカ・クリオージャがきたか、っちゅうダブ。

とうとう世界にムシカ・クリオージャが広まる時代が到来か。
ピストン西沢が、J-WAVEで「フロール・デ・ラ・カネーラ」と「アンパンマン」をリミックスしちゃったりするのかい?
クラブでみんなそろって「トロ・マタ」とか踊っちゃったりするのかい?(←コワい)

「今こそペルー中のダブをかき集め!一大クリオージャ・エレクロニカ軍団を組織する!」※2

ムシカ・クリオージャ・ペルアーナと言えば、カホン、カヒータ、キハーダといった生の太鼓サウンドが命でしょ。エレクトロニカ、ダブやリミックスなんて手法は、そうした本来の魅力を根底から打ち消しかねない。

ところがだ。リミックスすることで、むしろノリが強調され、「……これアリじゃん」。

考えてみれば、これはコロンブスの卵である。
いうなれば、スイカやトウモロコシ、しるこに対するみたいなアレンジなのだ。

え?わからない?
つまり、こういうことだ。甘みと塩なんて、本来なら打ち消し合うような関係なのに、塩を投入することで、かえって甘さ強調されるでしょ。
生のカホンなどの音が聴きにくくなることで、ムシカ・クリオージャとしてのサウンドのアイデンティティを失いかねないはずなのに、かえってノリが強調されるでしょ。まさに塩。よし、これを塩アレンジ、と呼ぼう。






ごめん、呼ばない。

ともあれ、今じゃ、スイカに塩なんてあたりまえだけど、初めてやった人はエラいと思うよ。何? だからどうしたって? じゃあ、あんたも初めての味付けやってみい。バナナに塩つけるのか?ん?マンゴーに塩つけるのか? え? 桃に塩つけてみれ、ほれ。※3

【注】
※1
日本で紹介されたのは2nd "Afro" から。これはそれこそ「トロマタ」や「サンバ・ランドー」をはじめとした有名曲がずらりと並んでいる。しかし、アルバムとしての完成度は3rdの方が格段に上と考えて、あえてこちらを紹介した。

※2
永井豪「デビルマン」

※3
これ、i-podで外で動いてるときに聴くのが正解だね。座って聴くか、動いてるときに聴くかで評価がずいぶんと変わってくる。まあ、もちろん、こんなのクリオージャ音楽と違うわい!というファンもいるだろうけど。その考え方も正解。


【アルバム・データ】
<CD>
"NOVALIMA / COBA COBA "
CMB-CD-9(2009)
CUMBANCHA (USA)

01. Concheperla
02. Libert
03. Se Me Van
04. Ruperta/Puede Ser
05. Africa Land
06. Coba Guarango
07. Camote
08. Mujer Ajena
09. Tumbala
10. Kuman
11. Yo Voy
12. Bolero

●日本でもライス・レコードからRICE CBR-217「ノーバリマ/コバ・コバ」として販売されている。

別窓 | NOVALIMA | コメント:1 | トラックバック:0 |
| これを聴け! |