ロマンチックあげるよ……ヌエバス・ライセス
2012-02-26 Sun 18:35

【 NUEVAS RAICES / FLORCITAY DEL CAMPO 】(1990)

あくまで80年代の話だが。
ボリビア・フォルクローレの不動の地位を誇っていたのはやはりカルカスだった。そのスタイルを真似たバンドでボリビア音楽市場は溢れかえった。まるでそれ以外の音楽はないかのような錯覚を覚えるほど。しかし、ものまねしょせんものまね。悲しいかな、カルカスを超えるようなバンドがなかなか現れない。

それは当たり前だ。

カルカスには表現したい独自の世界があり、そのためにあのアレンジ、スタイルを独自に生み出し、そのサウンドのために新しい楽器「ロンロコ」まで作るという徹底ぶりだったのだ。当時の若手がただの憧れでカルカスの真似をしても、これではカルカスにかなうはずがない。本当に「表現したいこと」があれば、それにそった手法をとるべきなのである。カルカス自身がそうであったように。そうでなくば、ただの劣化コピーにすぎない。


●確かにカルカス・スタイルなのに
では80年代、雨後のタケノコのように溢れかえったカルカス・スタイルのバンドはみんなダメなのか。いや、カルカス・スタイルを継承してなおかつ独自の世界をつくり、傑作を生み出すというバンドもいくつか存在していた。

その一つがヌエバス・ライセス Nuevas Raices である。
ラパス出身者のサウンドは、丸山由紀氏の表現を借りれば「エッジの立った」傾向を持つことが多い※1。しかし、彼らはラパス出身でありながら、ある意味カルカス以上にカルカス的コチャバンバ・サウンドを突き詰めたバンドである。

ボンボでドン・ドン・ドンドンドンとリズムを取る。
ギターは、いわばベースのようなパートを担当。
チャランゴがリズムを取る中、美声のボーカルが流れる。
歌のサビの後は、サンポーニャがソロでメロをとる……。


確かに、聴いてみれば完璧なカルカス・スタイル。なのに、リズムの取り方なのか、歌い方なのか、とにかく全てが美しい。

●カルカスにない表現「ゆったり」
彼らの手にかかれば、ウァイニョも、カルナバルも、バイレシートも、サヤも、モレナーダも全てのサウンドが独自のヌエバス・ライセス節。なんか耳元でゆったりと囁くみたいに歌う(実際にはとりたててテンポが遅いというわけではないのに、「ゆったり」感じてしまう!)。

それでいて、アルバム1枚を飽きさせることなく、あの手この手と話題も豊富。聴かせる。これはモテるわ(←?)。どちらかというとスピードチューンとかバーバリスティック系に燃えちゃう私が、このアルバムにメロメロなあたりでもう説明不要。カルカスの多数ある要素の中から、「モテモテ」要素を抽出したとしか思えないほどの徹底したコンセプトづくり。いや、この「ゆったり囁き」加減はカルカスにはない! もうロマンチックがとまらない。殿っ、陥落ですぞー(←?)。

単にコーラスが美しいというだけならグルーポ・アマル Grupo AMARUに任せておけば良いのである。リズムの切り方、ボーカルやコーラスの取り方、アレンジの手法、全てがヌエバス・ライセス独自のサウンド、彼らの演奏だけが持つ独特の世界観がある。

結局、聴きたいのはそういったオリジナルのサウンドなのだ。
聴いたことのない新しい世界を見せられた時、我々は「名盤だ」って興奮する訳だ。※2

【注】

月刊『ラティーナ』「ボリビア音楽再入門講座 動きゆくフォルクローレ・シーンは今」瀬木貴将(談)丸山由紀(文)1998年6月号

現在、結成時より残っているメンバーはハビエル・マンティージャ1名のみ。当然、そのコンセプトは維持できず、一聴して分かるようなサウンドの特徴は現在は持っていない。名前が同じだけで根本的に全く別のバンドになったと考えるべき。



●"Florcitay del Campo"


●"A Bolivia"


【アルバム・データ】
<LP>
"NUEVAS RAICES / FLORCITAY DEL CAMPO"
SLC-13690(1990)
Disco LandiaLYRA/(BOLIVIA)

01 FLORCITAY DEL CAMPO (huayn~o)
02 PARA DECIRTE ADIOS (cueca)
03 EL CARRETERO (taquirari)
04 QUIERO SABER (saya)
05 CUANDO AMANEZCA (polka)
06 DEJAME ABRAZARTE (sicuri)
07 A BOLIVIA (cueca)
08 SIN SABER DE TI (taquirari)
09 SIEMPRE TE ESPERO (saya)
10 COPACABENEN~A (K'aschuiri)
●当然というか、やっぱりというかこのままの形でのCD化はされていない。


別窓 | NUEVAS RAICES | コメント:4 | トラックバック:1 |
| これを聴け! |