幻術師インカンテーション
2007-03-25 Sun 05:50

【 INCANTATION / ON THE WING OF A CONDOR 】(1982)

ガキの頃って、よく「ホンモノ」か「パッチモン」かってことが重要だったものである。
○手塚治虫漫画全集の雑誌広告の絵がビミョー、
「手塚の絵じゃない」→「ウソッコだ」とか。
○カードメンコにプリントされていたアトムの絵がビミョー、
「テレビの絵と違う」→「ウソッコだ」とか。

そのような「がっかり」は大人になっても往々にあるものだ。
○「フラメンコショーあります」のスペイン料理店へ。
 顔はのっぺり典型的日本人姉ちゃんがベニヤの上で「フラメンコ」
       ↓
「……(ウソッコだ)」※1とか。

○「ベリーダンスショーあります」のトルコ料理店へ。
 小太り典型的日本人姉ちゃんが「ベリーダンス」
       ↓
「……(ウソッコだ)」※2とか。

フォルクローレにしたって、それは同じこと。
欧米人や日本人がアンデス音楽を演奏したところで、しょせん真似事、しょせんウソッコ、しょせんコスプレ・パッチモンが違うのよ。が。

……という意識が働くのは当然のこと。

今回、ご紹介するインカンテーション。

(1)本場じゃない(全員イギリス人)※3
(2)全曲とも70年代フォルクローレのカバー

完璧だ。パッチモンの条件はそろった
じゃ、このアルバムを聴いてみよう。

……。
そう。血が何だ。カバーが何だ。
カバーがダメなら、クラシックはパッチモンばかりではないか。
フルトヴェングラーだろうが、カラヤンだろうが、チェリビダッケだろうが、ストコフスキーだろうが、バーンスタインだろうがみんなカバーしまくりじゃねえか !! ※4

もちろん、カバー、リメイクというものは、ムヤミにただやればいいというものではない。じゃあ、どういう条件のときやればよいのか。
諸君は、世間や評論家が20年前あるいは30年前の映画を「名作だ」と讃えるので見てみたら(むむ…それほどのものか?)と肩すかしを喰らったことはないか?

クリムゾン世代でない私が、いまだに名作『クリムゾン・キングの宮殿』をあまりよく理解できないのと同じなのだ。
当時は革新的なサウンドだったんだろうな、きっと。
てな感じなのだ。※5

当時の人たちが感じたであろう驚きや興奮は、もうそれが当たり前になった我々にはわからないということが、往々にしてあるものなのだ。※6

そこでインカンテーションだ。


"Cacharpaya"

70年代のフォルクローレナンバーが本来持っているサウンドの魅力を最大限まで引き出す!!
フォルクローレのサウンドを自分たちなりに解釈。
コピーであるかのようなフリをしながら、実は大迫力のアレンジを施し、ピッチを整え、卓越したテクニックで再現。優れたレコーディングを行う。※7

めくるめくような繰り返しのメロディリズムが乱舞するトランス系ダンスチューン。
地面が揺れるような激しいアタック音の重低音サンポーニャ。
きらめくようなチャランゴとギターの魅力。
70年代に感じたカッコよさ/めくるめく魅力がはっきりとクリアになって再生されたような効果があった。

私なんか、高校生のとき、M-3→M-4→M-5→M-6(国内盤)というあまりにカッコいいノリとハイテンションな演奏に興奮のあまり、体中でドタバタとリズムを取ってしまい、家族からやかましいとクレームが出たほどだ。

インカンテーションの音楽は、世界的なフォルクローレブームと無縁だった英国では、新鮮きわまりない「新しい」サウンドとして紹介され、たちまち熱狂的に受け入れられた。
82年の本デヴュー盤は英国で30万枚以上のベストセラーを記録。6ヶ月にわたって英国チャートトップ10の位置にあり続けたというから、フォルクローレ史上最大のヒット作であろう。
以来、2nd、3rdと名盤を生み出した。※8

大事なのは、ただ単に「好きだからマネしてみた」ではなく、自分がその対象の何に魅力を感じたのかを良く分析して抽出し、それをより強く表現しようとするチカラである。アレンジから演奏から録音技術からすべてをその一点にぶつけるコンセプト力である。
たしかに楽曲はすべてコピーかもしれない。
であるとしても、アルバムの目的は完全にオリジナルな動機から生まれたものなのである。

パッチモン、ウソッコと判断するのは早計ということだ。

【注】
※1
心の声。

※2
それは、ほら、あれ、大人だから。

※3
日本人から見ると「英国人」なのだが、BBCのテレビ番組で出自を尋ねられて、「スコットランド人だよ」(一同笑)と答えてるメンバー(誰だ?)もいたりして、さすが英国。このことが4thアルバム以降の動向に大きく影響を及ぼしたりする。それについては後日。 

※4 
ストコフスキーはオリジナルっていってもよかったりして(笑)

※5 
ピンクフロイドから入ったのが悪かったんでしょうか。

※6 
これは時間差による文化的隔たりの例。しかし、例を挙げて説明しにくかったので時間差のみで説明したが、空間/距離による文化の違いも重大だ。むしろ、そういう問題の方が大きいかも。

※7
ちなみに、インカンテーションのアルバムはリリースされるたびに、『STEREO』誌でその年の最優秀録音盤に選定されていた。

※8
このアルバムと同じサウンド志向は初期3部作まで(4th発売までの間に、その年だけで12万5000枚のセールスを記録したベスト盤と1stの別ヴァージョン盤をリリースしている)。
オリジナルとしては4thにあたる「THE MEETING」という大傑作を発表した後、インカンテーションは方向性を大転換し始める。詳しくは後日。



【アルバム・データ】
<LP>
"INCANTATION / ON THE WING OF A CONDOR" (1982)
656 040 BEGGARS BANQUET (UK)

01. On The Wing Of A Condor
02. Sonccuiman
03. Sikuriadas
04. High Flying Bird
05. Dolencias
06. Winds On The Mountain
07. Amores Hallaras
08. El Pajaro Madrugador (Angel Parra)
09. Papel De Plata
10. The Condor Dance
11. Cacharpaya
12. Friends Of The Andes

<CD>
「インカの幻想~コンドルの翼に乗って/インカンテーション」(1987)
30CP-19 テイチクOVERSEAS RECORDS(国内盤)

01. On The Wing Of A Condor
02. Sonccuiman
03. Papel De Plata
04. The Condor Dance
05. Cacharpaya
06. Friends Of The Andes
07. Amores Hallaras
08. El Pajaro Madrugador (Angel Parra)
09. Sikuriadas
10. High Flying Bird
11. Dolencias
12. Winds On The Mountain

● 英国・国内ともに廃盤。92年にテイチクから廉価版(TECX-25221)が再販されたが、これも廃盤。ただ、国内でも売れた盤だけあり、オークションなどにたびたび出品される。
●ただし、英国盤と国内盤は曲順が違うので、注意。


別窓 | INCANTATION | コメント:7 | トラックバック:0 |
| これを聴け! |