カルカスがサンポーニャを多用したワケ
2008-03-31 Mon 01:14

【KJARKAS / Condor Mallcu】(1980)

さて、質問。
フォルクローレの楽器と言えば、なーに?

えっ、マトラカ。このマニアが。
一生ジャッジャカやってなさい。


……まあ、実際は日本人の大半が「ケーナ」と答えるだろう。
かつて同僚にも「結婚して、女の子が生まれたら『恵菜』って名前にしなよ」なんて言われたものだ。※1

そーゆーこと言う前にまず相手を……げほん、ごほん。
……とりあえず、それほど「フォルクローレ=ケーナ」という図式が完成している。

しかし、実際に現在のボリビアのネオ・フォルクローレのアルバムを聴いてみたまえ。ほとんどの楽曲のメインをサンポーニャが張っているではないか。むしろケーナが主役の音源を探すことはきわめて困難だ。80年代よりこっち、主役の座をサンポーニャに譲り渡してしまったといっても過言ではないだろう。

こうしたサンポーニャ時代のきっかけをつくったのは、あのエルネスト・カブールだ。サンポーニャ・ソロをフィーチュアした "LEN~O VERDE" 。彼が緊迫感溢れるこの名曲を発表したことにより起きた現象である。

しかし、ここまでケーナがないがしろにされ、誰も彼もがサンポーニャをメインにアレンジを組み立てるようになった直接的原因は、おそらくカルカスにある。
※2、3

●カルカスの凄いところ

カルカスの凄いところは、「カルカス・スタイル」と呼ばれた独自のコンフント編成を作り上げたことにある。

誤解を恐れずに極言してしまうと、当時のフォルクローレは1曲1曲に明確なコンセプトを与えないまま、何となくアレンジをしてしまうケースも多かったのではないか。

そこへ登場したカルカスは、アルバム中の1曲1曲のコンセプトを明確に定めるところから始めている。そして、それに見合った独自のアレンジを施して演奏を行った。それぞれの楽器の持つ役割意味を見つめなおし、曲に見合った楽器と演奏方法を選択する※4。そのため、彼らのアレンジは他の誰にも似ていない、力強く、焦点の絞られた、バランスの均衡がとれた演奏となったのである。

カルカスに大きな影響を与えたとも言われるチャスカスと彼らの音楽を聴き比べてみてほしい。確かに両者の間には歴然とした差があるのだ。

コンセプトにぴったり沿った楽器、演奏方法、リズム。

だからアコースティックなアルバムにありがちな「どの曲もすべて同じ」という現象がおきない。彼らの曲が常に刺激的で彼らがカリスマであり続けた理由はこんなところにもあるのだ。

そのカルカスが、ケーナをメロディ楽器のメインに据えたチャスカスの手法を継がず、サンポーニャを多用したのはなぜなのか。

●カルカスの求めたもの

答えは「ロック的な要素」の追求だ。

70年代のイギリスやアメリカでのロックの急速な発展は、世界中の音楽界に衝撃をもたらした。以前にも「初期カルカスの音楽性は、ロックの影響が多大」というようなことを書いた。

まあ、そんな発言をすると、ときどき叱られちゃうことになる。

ところがだ。
みーとーさんによると、ゴンサロ・エルモサはカルカスの前にロックをやっていたという話である(「アンデスの太陽」のコメントを参照)。うひひ。

ゴンサロ自身はカルカス結成の経緯に関し、「欧米の資本主義音楽流入の”砦”」などと発言しているのだが、カルカスはそれ故にロックに代わりうるカッコよさを追求していたことは間違いない。

そんな初期カルカスのロック性が最もさらけ出された1枚「Condor Mallcu」を聴いてみたまえ。


"Condor Mallcu"

残念ながら私はリアルタイム世代ではないのだが、あきらかにタイトル曲の迫力は当時のファンにとって、「新しいフォルクローレ」だったはずである。たとえ、グルーポ・アイマラによって"MI RAZA"が発表されていたとしてもだ。

この曲はロック的で軽快なカッコいいコード進行でありながら、最低音のサンポーニャ、トヨが主役である。その雑味のある音の迫力に打ちのめされる。その他、どの曲もサンポーニャの荒々しさと曲のカッコよさが相乗効果をあげており、あげくの果てに最低音のトヨが再度活躍する「TOYOS」なる曲まで存在する。

こうは考えられないだろうか。カルカスはロックで使用されるエレキギターの激しい音を必要としていたのではないかと。サンポーニャの役割はエレキギターの力強い音だったのではないだろうか。

一部のクラシックの愛好家の中には、サンポーニャの音が苦手な方がいると聞いたことがあるが、そう考えると納得もいくではないか。

【注】
※1
奥菜恵とは関係ない。

※2 
ちなみにカルカスは決してケーナをないがしろにしていない。用途に合った使い分けをしているだけである。その証拠に最終曲「LECHEHUAYUS」は、途中ロンロコのカッティング・ソロなども味わえる無茶苦茶カッコいい系のトローテ・ナンバーだが、この曲の主役は大小さまざまなケーナである。「コンドル・マリュク」なんてアルバムタイトル曲でサンポーニャ凄い!と思わせつつ、最後はサンポーニャは1列たりとも使わないのだ。やることがいちいちクールだぜ。

※3 
80年代後半、カルカス・スタイル全盛期にはケーナは全滅かとも思われたが、現在はカルカス・スタイル自体見かけなくなったこと、ムシカ・デ・マエストロスなどの復古運動、エディ・リマなどのケニスタの活躍などの要素が重なり、ケーナもよく聴かれるようになった。

※4
そういった「新たな音作り」で象徴的ともいえるのが、従来の編成では足りない音域のカバー。このためにわざわざ「ロンロコ」という楽器を開発してしまうあたりに彼らの意気込みが伺われる。


【アルバム・データ】
<LP>
"KJARKAS / Condor Mallcu" (1980)
SLP 2145 DISCO HERIBA (Bolivia)

1. PEQUEN~O AMOR (chuntunqui)
2. CONDOR MALLCU (huayn~o)
3. EL DESTINO DE MI PUEBLO (aire de cueca)
4. JOCHI PINTAO (carnavalito)
5. POR UN SUEN~O DE AMOR (tonada)
6. CUANDO LLEGA EL AMOR (chuntunqui)
7. ELLA ES (huayn~o)
8. TUTUMA (aire de cueca)
9. TOYOS (huayn~o)
10. CANTEN CONMIGO (cancion)
11. LECHEHUAYUS (trote)

●なぜかCD未発売。ペルーかどこかでリイシューされてないかな。情報求む!


関連記事
別窓 | KJARKAS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アルゼンチンが世界に誇るミサ曲……アリエル・ラミレス | これを聴け! | 伝説のアイマラ!(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| これを聴け! |