このときカルカスは頂点に立ったのだ
2009-06-10 Wed 00:16

【KJARKAS/ Chuquiagu Marka 】(1988)
つまり、マナではなくカナなのである。

はあ?見分けがつかないわい、などと仰るあなた。
まあ聞きたまえ。
例えば、君が遅刻ギリギリ女子中学生だとする。パンを食わえながら家を飛び出していったと思いねえ。

三叉路の角、電柱の向こうからも慌てて走ってくる人物。
出会い頭に☆が見えるほどぶつかったってわけだ。
「痛えな、このヤロー、どこ見てんだ」
「あ、あんたこそ!」
(も~、朝からヤなことばっかり。むかつく。プンスカ)
ガラッ。「起立、礼」
「紹介しよう、転校してきた後一条翔太くんだ。」
「うそっ!あいつじゃん」
「あっ、テメエ、朝のガサツ女!」
「コラコラ、もう痴話げんかか」(一同笑)
(も~、あいつのせいで1日がサイテーだわっ!)

雨の中。
段ボールに捨てられた子犬、それを抱き上げる後一条翔太。
「よしよし、かわいそうに。オレんちにつれてってやるよ」
遠くでそれを見てしまったあなた。
きゅん。
(なんなの?この気持ちは……)


諸君、この気持ち(「きゅん。※1」)を別のことばで表現してみたまえ。
ただし漢文で

難しかろう。
高校時代、漢作文に挑んだ人はわかるだろう。こうしたニュアンスは日本語表現に頼らざるを得ない。
かつて、日本人は「文字」を中国から輸入した。たしかに漢字によって、それまで口頭手段しかなかった記録表現が大いに広がった。
しかし、もっともっと自在に表現するようになるには、これでは足りなくなる。
その結果、いつのまにか中国の漢字(真名)を崩して日本語の文字(仮名)として使用するようになり、細かな感覚・微妙なニュアンスまで自由に表現できるようになるのだ。

88年の名盤『チュキアグ・マルカ』Chuquiagu Marka はまさに、細かな感覚・微妙なニュアンスまで自由に表現できるようになった仮名文字なのである。
84年のアルゼンチン録音の『アンデスの太陽』Sol de los Andes 、86年の日本録音『エスペランサ』Esperanzas において、表現の「ワクを壊す」という作業はすでに終了した。あとは思う存分、新しい歌を自在に謳い上げ、深みまで掘り下げ、紡いでいくだけだ。
「カルカス」というジャンルの完成、熟成の証ともいえる傑作である。

●M-1の表題作※2は、前年の傑作「TIEMPO AL TIEMPO(時が経てば)」をさらに発展させたといってよいカントゥ。少しずつ盛り上がって最後に歌い上げられるJAYAYAYAYというヴォーカルだけでなく、その直後のサンポーニャの雄々しくも荒れた音こそがサビとも言える最高傑作。
●続くM-2には、リズミックな迫力のナンバーを持ってきてM-1で盛り上がったテンションをあげ続ける。ゴンサロ→コーラス→エルメールとヴォーカルをバトンする展開はラテンアメリカの連帯を呼びかける内容にふさわしい構成。
●一転、M-3では美しすぎるメロディのポップス。かつての来日公演で初めて耳にしたときには、あまりに新しいサウンドだったため、呆然としたものだ。
●その他、多くの曲が1曲の中で静と動の両方を含み、ドラマチックな展開をみせている。本来の伝統的で単調な展開にはあり得なかった曲作りである。


きちんと、カントゥやウァイニョなど伝統的なスタイルを基礎としているのに、歌いたい感情やシチュエーションにあわせて自由に曲が生まれ、伝統的リズムを「縛り」としないステップにまで至っているのだ。これがどれだけスゴいことか。黒田節や北海盆歌の形式を発展させ、ヒットチャートに入るようなポップスとして自在に歌えるということなのだ。

漢字の不自由さを脱ぎ捨て、自在にカナを使いこなすかのように。

【注】
※1 
日本語の場合の正解例:「赤い実がはじけたの」
80年代少年マンガの正解例:「ズキューン」
大阪の正解例:「チコタン死んでもた」

※2
アイマラ語で「みずがやの町」。ラ・パスのこと。




"Sin Ella"

【アルバム・データ】
<LP>
"KJARKAS / Chuquiagu Marka" (1988)
BOLRL-1577
LAURO RECORDS (BOLIVIA)

1. CHUQUIAGU MARKA (huayn~o)
2. LATINOAMERICA (huayn~o)
3. SIN ELLA (Chuntunqui)
4. QUIERO SABER (huayn~o)
5. LIBRE AL VIENTO (huayn~o)
6. YUYARIWAY URPI (pasacalle)
7. CAMARGO (cueca)
8. REQUIEM PARA UN PUEBLO (tonada)
9. TOMAS KATARI (chuntunqui)
10. EL PICAFLOR (kantu)

<CD>
"KJARKAS / Chuquiagu Marka" (1995)
C.D. 91150120
IEMPSA (PERU)

●CDはペルー盤が出ているが、ボリビア盤は不明。

関連記事
別窓 | KJARKAS | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<アルゼンチン音楽の自由闊達さは何処から……ソレダー | これを聴け! | カルカス・日本から愛を込めて>>
コメント
--
今日きいてきました~。
昔とは違うけど、とっても楽しい時間を過ごせました。
ゴンザロが大きくなって、ここ日本にいる事が感激です。

きゅん=我思心是厚也
      ・・・・・嘘
2009-06-11 Thu 01:57 | URL | みーとー #-[ 内容変更]
-カルカスツアー-
>みーとーさん
6月2日のエントリーで書いたように期待してなかったんですが、
行ってみたら懐かしい曲のオンパレード!

ベースの使い方も、導入直後の頃と違って、
曲にあわせた弾き方をしてて良かったです。
いやあ、また行きたい。
で、仕事の空いてる日と調整できるかと思って
他の日程を調べたんですが……

平日の18:30とかどう考えても無理です……。
きゅん=締心覚酸覚甘
・・・・・・嘘
2009-06-11 Thu 20:52 | URL | もち #-[ 内容変更]
--
ベースは導入直後とは別の人が弾いてるのでは?

昔はカラマルカとか、YouTubeにあるハイメ・フナロのライブとかで弾いてる長髪の人だったような。
http://www.youtube.com/watch?v=CUT3_D1Bw4k

現在のイバン・バリエントス氏はエステル・マリソルのCDとかにも参加してる人ですよね。。。
2009-06-12 Fri 06:01 | URL | ゆな #f10z4yi6[ 内容変更]
-ベースの人-
↑へぇ~~、この人がかつてベースだったのですか。
この時代はまったく聞いていなかったので、知らなかった~。
まだ、ガトメヒアやロロがいた頃。
かなり前ですね。

ゴンサリートの小さい頃
ほとんどかわってない。
↓↓↓
http://home.p07.itscom.net/seymi/imagen/bolivia/hermoza.jpg
真ん中の小さい子(ルイス)はチラハトゥンに入っているとおもったけど・・
2009-06-12 Fri 21:01 | URL | みーとー #-[ 内容変更]
-もちろん-
あのメガネさんが変更になってよかったって意味です。
今のベーシストは良く知らんのですが、
前のメガネさんはカルカスのサポートには
向かないよなあ、と思うのです。
2009-06-12 Fri 21:13 | URL | もち #-[ 内容変更]
-カワイイ…!-
写真を見る限りでは、ゴンサリートよりルイスの方が
そのままな気がします。
皆さん、とってもコチャバンバ顔ですよね。
2009-06-12 Fri 21:47 | URL | ゆな #f10z4yi6[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| これを聴け! |