夏は女を変えるのよ…ダマリス
2010-08-15 Sun 00:14

【 DAMARIS / MIL CAMINOS 】(2008)

いや、夏はコワいのである。
諸君にも覚えがあるだろう。
長かった夏が終わって新学期。登校してみたら、まったく雰囲気が変わってたあのコ。
うわー、オトナになっちゃって。ナニがあったの?
いや~ん、夏ってコ・ワ・イ。

さて、ペルーのダマリス Damaris ちゃんの2ndアルバム "MIL CAMINOS" のPVがまさにそんな感じなのだ。
実は、前作の1stアルバム "Dame una sen~al" 自体の出来はなかなかよろしい。むしろ2ndより、こっちの方を評価する方もそれなりに多いだろう。
ただ、どういうわけか、このPVがボリビア並みのセンスなのだ。


"Pukllay"

1stアルバムのセールスの足を引っ張っているとしか思えない。どうみても田舎のねえちゃんである。

●2枚のアルバムの大きな違い
これに対し、2ndアルバムのPVはこうなる。


"TUSUYKUSUN"

やだ、何コレ、ダマリスちゃん、惚れちゃう。そんな表情で流し目されたら、どきどきしちゃうよー。

こうして見ると単純に「映像って大事だねえ」という話になってしまうのだが、果たして映像のみの問題といい切れるだろうか。いや、やっぱり、2ndアルバムはあるナンバーがちょっとスゴすぎる。1stと比べると、まるで地中の幼虫と脱皮した蝉ほどの大きな違いがある。

つまり、こういうことだ。
そもそも、1stアルバムのようなアレンジは、今までも、それこそまるで石ころみたいにそこかしこに普通に見受けられたものなのだ。
ボリビアのカラ・マルカ的なアレンジとでもいおうか。「若者に見向きもされない伝統音楽」で良しとせず、根っこを大切にしながらも、現代の自分たちの感覚を表現するアレンジ。アヤクーチョ民謡みたいな、いかにも「辺境」な音楽だって、マヌエルチャ・プラドあたりが、かなりオルタナティブなアレンジを施したアルバムを発表したりはしている。

しかし、M-1 "TUSUYKUSUN" は、そうした今までのアレンジを鼻でせせら笑うかのような超然さがある。
単純に伝統音楽を「現代感覚」に近づけようとする姿勢はややもすると、どこか伝統音楽を見下すような視点の傲慢な音楽になりかねない。そんな良くありがちな姿勢とは一線を画すのだ。

●"TUSUYKUSUN"はペルーの混沌を
よく聴いてみよう。ファルセット気味の発声とバイオリンが奏でる独特のメロディは、まさにアヤクーチョの山岳音楽なのだ。ところが、徐々にリズムが全貌を見せはじめる。わずかながら、セルバ地方の雰囲気を味わったりもするが、最後は、いまやペルーの国民的リズムとなったネグロ層のフェステホが聴衆を興奮のるつぼへたたき込む。これまで混じりあうことのなかった伝統音楽同士の融合を、シーケンサーによる打ち込みという都市的な音楽が果たす。

PVの映像はこの曲の本質をよく突いている。われわれが「ペルー・フォルクローレ」と聞いて、それぞれ思い浮かべるステレオ・タイプを破壊し、ペルーのあらゆる要素をパッチワークした猥雑な混沌世界へ誘うのだ。

そもそもハサミ踊りを交えたり、フォルクローレギターを弾いているのがラウル・ガラシア・サラテそっくりの爺さんだというだけで、アヤクーチョっぽくてわくわくしちゃう。そこに、カホンでフェステホを刻みながら、あらゆる階層の人々やインディヘナ黒人クリオージョセルバ系といった様々な出自を続々と映像に登場させ、同じリズムで熱狂的に踊らせるのだ。ね、こりゃ、たまらんでしょう。

現代ペルー都市における混沌性をここまでリアルに書くかよ。
たった1年でこんなに化けるか。スゴすぎる。うひひ。

【注】

アルバム全体としては、「ラテンポップスのアルバム」といった作り。構成フェチの私としては少し残念だが、佳曲ばかりがそろっており、決して買って損のない名盤だ。ちなみに、彼女はこのアルバムでグラミー賞のラテン部門でノミネートされ、チリのフォルクローレ祭、ビーニャ・デル・マルでは2008年に "TUSUYKUSUN" の演奏でグランプリを受賞している。


【アルバム・データ】
<CD>
"DAMARIS / MIL CAMINOS" (2008)
DOLLY JR. PRODUCCIONES DDOL221(PERU)

01. TUSUYCUSUN
02. VIDA
03. YA BASTA
04. MIL CAMINOS
05. PALOMITAY
06. MOHEN~ITO
07. EN MI SOLEDAD
08. ACEPTALO
09. TU SILENCIO
10. NACE EL DIA
11. DESNUDA
12. TORONJA

●AmazonやiTunes music storeでは全く別人のDAMARISさんしか出てこないので間違わないでね。


別窓 | DAMARIS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『エル・インカ』がボリビア社会を動かした……ワラ | これを聴け! | 発表するべき時代と場所…ディアマンテス>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| これを聴け! |